狭いお部屋も快適に暮らせる模様替え

狭小空間を自分らしく模様替えするために

狭小空間をプロはどのように工夫するのか

日本の間取りは、世界の様々な国の暮らし方を見ても比較的手狭な環境にあるといわれています。日本の国土が限られているからというのも理由として挙がりますが、最も大きな理由はその風土にあると言われています。
日本には四季折々、その季節によって様々に環境が変化するという特徴があります。春には季節風が強く吹き、夏には湿度が高くなり、秋には乾燥が進み、冬には気温が極端に低下する。この変化の速い環境の中でより快適に暮らすには、大きな空間よりも狭く手の届く広さの方が効率的だったからです。
しかし様々な技術が進み、今では狭小空間ではなくても快適に生活するための術が開発されるようになりました。とはいえ開発されたのは近年。まだまだ多くの狭小空間は存在しています。建造物の構造から広さをリフォームできないという場合もあるでしょう。
そんな狭小空間は様々な可能性が秘められた空間でもあるのです。狭い空間をいかに快適に暮らすか、自分らしい環境に模様替えできるかが試されているともいえます。
そこで狭小空間をどのように暮らすべきか、また自分らしい暮らし方をするための模様替えについてご紹介します。
自分らしい暮らし方、自分らしい模様替えとは、その生活に愛着を持ち、毎日を楽しく暮らせる環境づくりのこと。様々に不安定なことも多い世の中で、唯一自分を休められる環境をより落ち着いて暮らすための環境づくりです。
落ち着いて楽しく暮らすためのヒントを、プロの技、また収納という面からご紹介します。