狭いお部屋も快適に暮らせる模様替え

>

自分らしい暮らし方で気持ちが上向きに

広く見せるためのプロの技とは

狭くて小さな間取りの部屋で暮らしていると、なんだか気持ちも小さくなってしまいがち。広さは変えられなくても、感覚的に広々と感じられる生活がしたい。そんなときにはプロの技をヒントに模様替えすることをオススメします。
とくに統一感は大切。例えば、お部屋の壁紙はクリーム色若しくは白色系のお部屋にグリーンのカーテン、黒のカーペットというお部屋の場合には統一感があるとはいえません。何より見た目に黒いカーペットは印象強くなりがちです。狭いお部屋の中で床だけ圧迫感が生じやすくなります。
インテリアコーディネーター、アドバイザーはこうした環境で、カーテンやカーペットをお部屋の色と比較的同系色で合わせることを提案しています。なるべく目に入る家具や小物を同系色にすることで、圧迫感を排除できるということです。

どんな配慮が大切なのか

またプロのコーディネーターは、お部屋に配置する家具や小物に全く同じ色ではなく、グラデーションを活用しています。つまり同じ色だけでなく少しバリエーションを変えることで、より広さを演出することも可能なのです。例えば床がフローリングでお部屋全体が白壁なら、床にはベージュ系のカーペット、家具やカーテンはベージュより白みが強いクリーム系の色合いを合わせ、カーテンは壁紙に近い色を配置。上にあがるにつれて白色のグラデーションが配置されます。
プロの技から分かるように、なるべく色合いの濃いものは下に配置し、上に向かって白色に変化するよう色物を配置することで、お部屋全体に白さが際立ちます。白は明るさを取り込みやすく、お部屋全体の明るさがアップして空間を広々と感じる効果が得られるのです。


この記事をシェアする