狭いお部屋も快適に暮らせる模様替え

>

その収納が無駄になっていませんか

今ある収納場所を見返してみる

狭小空間を自分らしくするために欠かせないのは、収納といえます。正しく適切な収納ができていれば、お部屋が狭くても収納に場所を取られることはありません。むしろ自分の暮らす環境を手狭に感じる原因に収納の問題が立ち塞がっているといえるのです。
まずは今の収納を振り返ってみましょう。押し入れやクローゼットの中には使っていない衣類、雑貨はありませんか。これが狭小空間を狭くする原因かもしれません。使っていないものをしまうのは収納といえませんから然るべき措置を検討しましょう。断捨離という方法で新たな模様替えに挑むこともオススメです。また収納方法についても検討すべき。衣類があちこちに分散していると雑然としがちです。収納された場所、モノを見返してみましょう。

収納こそ狭小空間の模様替えに欠かせない

収納を見返した後は、正しい収納に配慮しましょう。正しい収納とは難しいことではありません。使いやすいように収納するということです。例えば食器や調理器具は台所、玄関脇に靴などのように配置される場所とモノの関係性を大切にしましょう。距離があると使いづらく、取り出すのも面倒になってしまいます。
収納こそ狭小空間を模様替えする際の武器となるもの。収納を正しく効率的にできるかが、お部屋を使いやすく自分らしい空間とするために欠かせないのです。
また収納の際には、収納するものも今一度チェックしておきましょう。汚れや補修が必要なものは無いか、欠けていないか等を確認しておくことで愛着が芽生えます。愛着が持てることこそ、自分らしさをより育むことにつながるのです。


この記事をシェアする